太陽光発電システム 組み立て式で設置費用不要

太陽光発電システムには2種類の補助金

蓄電式太陽光発電は太陽光のエネルギーを溜めて、電力エネルギーに変換する発電方式で、ソーラー発電とも呼ばれています。

蓄電式太陽光発電システムは導入時の費用が高額となりますが、
メンテナンス・運用・保守などのコストはほぼ必要ない為、近年需要が拡大しています。

また、太陽光発電を利用する事で、電力需要のピークを緩和する事にもつながりますし、温室効果ガスの排出量を抑えることもできます。

太陽光発電は通常、太陽が出ている昼間の時間にしか使用する事ができません。

ですが、太陽光発電蓄電式(バッテリータイプ)システムの場合、蓄電式(バッテリータイプ)なので、昼間にしっかりと電気を貯め、太陽が沈んでしまう夜の時間に電気を使用する事ができます。

太陽光発電蓄電式の特徴

昼間に太陽光発電で変換された電力エネルギーを使用し、夜間でも昼間に貯めた電力エネルギーを使用できるので、経済的には非常にメリットが高いです。

蓄電式太陽光発電システムはこちら

蓄電式の太陽光発電は高額

一般的に蓄電式の太陽光発電システムは、60万円前後ととても高価な事が多く、費用に躊躇して設置を諦めてしまう人も多くいました。

ですが、太陽光発電システムを一般家庭に普及させるため、国や地方自治体が太陽光発電システムの設置に補助金制度を設けました。

それとともに、30万円以下で太陽光発電システムの導入が可能になった事から、
蓄電式太陽光発電システムを設置する人が増えてきたようです。

太陽光発電システムの補助金には、2種類の補助金を申請する事が可能です。

太陽光発電の補助金制度

一つ目は国が補助金を提供している制度で、
指定の条件を満たす太陽光発電システムを購入すると補助金を受け取る事ができます

二つ目は地方自治体が補助金を提供している制度で、
こちらは地方自治体により条件が異なります。

蓄電式太陽発電は、温室効果ガスを排出しない・電気料金の節約・災害時の電力確保など、メリットは多くありますが、一方で天候によって発電量が左右されてしまったり、
設置・導入の費用が高いなど、気軽に決める事ができなデメリットもあります。

蓄電式太陽光発電のメリット・デメリットをまとめてまとめて紹介していきます。

1、蓄電式なので、太陽が沈んでからも利用できる
2、コンパクト・省スペースでベランダにも設置可能
3、蓄電した電気は10時間使用可能
4、温室効果ガスを排出しない
5、災害時の停電や計画停電時にも使用可能
6、メンテナンスがほぼ必要なく、面倒な作業が必要ない

1、蓄電式太陽発電システムの導入費用が高い
2、大きさによっては設置不可能な場合がある
3、太陽が出ていない時は発電できない
4、申し込みから設置まで、少し時間がかかる

デメリットの方が少ないのが嬉しい♪

デメリットである導入費用に関しては、国や地方自治体の補助金制度をうまく活用できれば、思ったよりも安い費用で蓄電式太陽光発電の設置が可能かもしれません。

蓄電式太陽光発電システムはこちら

▲ ページの先頭へ